ブログ

24式太極拳 3番動作 白鶴亮翅【バイフーリャンチー】

来週(1月19日~25日)の24式太極拳クラスは、
2番動作 白鶴亮翅【バイフーリャンチー】 を説明致します。
定式では体を東に向き虚歩になり手を上下に開きますが、
ある団体では体を南東に向けて動作を完成します。
24式太極拳の編纂者の教科書にも体は東向きと書いてあるので、
その団体はなぜ斜めに体を向けるのでしょうか、
これは想定される技の使い方いよって体の向きが変わることが原因のようです。
その団体がどの様な使い方を表現しているのか知らないと間違いではないかと思いがちです。
また、当クラスの動きが他の流派、団体の動きと異なる場合もございます、
使い方や用法の表現が特異なこともあります。
次回は白鶴亮翅の定式2種類の用法の説明を致します。
お楽しみに。

もっと詳しく活字と写真で知りたい方は、拙著 24式太極拳 美しく演じられる身体操作のコツ
94ページ~97ページを御覧下さい。

映像で確認される方は当ホームページ
太極拳動画と套路【トウロ】説明竹内太極拳youtubeチャンネルを御覧下さい。
対人練習での 白鶴亮翅【バイフーリャンチー】 の用法は、拙著 24式太極拳の秘密DVD にも収録されております。

皆様とレッスンで素晴らしい太極拳を共有できましたら幸いです。
ご興味をお持ちの方でしたらどなた様でもご参加頂けます。どうぞお気軽にご参加下さい。

広告